ウェデイング

【経験談】男性必見!婚約指輪を選びに参考にして欲しいポイント!

2019年5月2日

初めて尽くしのプロポーズ準備。特に婚約指輪(エンゲージリング)にはこだわりたい男性も多いのではないでしょうか?

彼女にできるだけバレずに最高の婚約指輪をプレゼントしたいですよね。

この記事では、私が婚約指輪を購入するまでに行った婚約指輪の選び方や重要視にしたことをまとめて書いてきます。

婚約指輪の選び方

彼女の好みを知る

エンゲージリングに関わらず、指輪には色々な形・素材のリングがあります。

男性からしたら、どんな指輪が彼女の好みなのか気になるところです。

エンゲージリングを選ぶにあたって、一番大切なのは女性の好みが大切だと思っております。

女性の好みを知るためにジュエリーショップに一緒に行って、エンゲージリングの好みを調べてみましょう。

注意

「婚約指輪を見に行こう!」はNGワードです…

ジュエリーショップにさりげなく誘ったり、アクセサリーを見に行くついでに聞くのがオススメです。

「ネックレスでも見に行かない?」

「婚約指輪をもらうならどれが良い?」

彼女の好みを知る上で知っておきたいポイントは、アームのデザインがポイントです。

シンプルなのが良いのか、デザイン性重視なのか…アームのデザインを知っていると絞って探すことができるので、ぜひ彼女の好みを把握しておいてください。

婚約指輪の相場

男性からしたら一世一代の大勝負。婚約指輪の相場が気になるところ。

10〜20万円未満が多いそうです。次に多いのは20〜30万円未満ですね。

婚約指輪・結婚指輪の相場|マイナビウエディング
婚約指輪・結婚指輪の相場|マイナビウエディング

マイナビが提供するウェディング情報サイト。先輩夫婦のリアルな実情(※行動アンケート主体)をリサーチ。婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)の相場について紹介しています。

続きを見る

給料三ヶ月分という言葉は、古い言葉になってしまったみたいです。

自分が出せる最大限の気持ちが大事だと思うので、相場を気にせずに指輪を選びましょう。

素材について

婚約指輪を選ぶにあたってプラチナを選ぶ方が多いと思いますが、Pt900とかPt950とかよくわからない記述を見たことがある人もいるはず。

プラチナ自体の強度を高めるために、プラチナと他の金属を混ぜています。

プラチナはくすみにくいことで知られていますが、ゴールドやシルバーに比べると傷がつきやすい材質です。

次に、プラチナ【Pt1000】は色が黒いです。正確に言うと、「黒みがかった白色」です。
より白色の金属にするため、パラジウムのような白い金属を混ぜて【Pt900】や【Pt950】を作ります。

結婚指輪の素材 プラチナ[Pt900・Pt950・Pt1000の違い] / 結婚指輪のIZURU

プラチナが黒みがかっているなんて、意外ですよね。

Pt900・Pt950と書いてあるのは、リングに含まれているプラチナの比率です。

Pt900=90%

Pt950=95%

数字の部分がプラチナが含まれている比率をさしています。

まずはブランドを知る

自分が購入する価格帯が決まったら、ブランドを選んでみましょう。

ここではブランド選びに参考になったサイトを紹介します。

結婚・婚約指輪人気ブランドランキング | ジュエリー一覧
結婚・婚約指輪人気ブランドランキング | ジュエリー一覧

続きを見る

ブランドの偏差値順にまとめられているので、かなり絞りやすくなると思います。

私はカルティエなどのハイエンドブランドより、ダイヤモンドの品質が良い世界三大カッターの中から選びました。

「カッター」とは、ダイヤモンドを研磨する研磨士のこと。自社のカッターによってカットされたダイヤモンドを提供するブランドを「カッターズブランド」と呼びます。そんなカッターズブランドのなかでも、世界三大とよばれるのが「ロイヤル・アッシャー」「ラザール」「モニッケンダム」の3ブランド。

ダイヤモンドのブランド、「世界三大カッター」とは

ロイヤルアッシャーラザールダイヤモンドモニッケンダムのダイヤモンドをみさせて頂いたのですが、その美しさに感動したのを覚えています。

同じダイヤモンドなのに、輝き方・色彩がブランドによってここまで違うものかと感じたぐらいです。

指輪探しを始める前に、ブランドについて少し頭に入れておくと良いです。

百貨店で色々なブランドを見る

ブランドについてに知識がついたところで、実際にお店を一つ一つ来店してみましょう…と言いたいところですが、これってかなり時間を使うんですよね…

買いたいブランドが決まっている人であれば良いのですが、仕事の合間をみてブランドも決まっておらず婚約指輪を探す人にとってはネックです。

そういう方は、色々なブランドが集まる百貨店に行きましょう。

ある程度大きな百貨店にはたくさんのブランドが展示・販売されているので、婚約指輪を見比べることができます。

まずは百貨店に行って色々なブランドを実際に目で見てみましょう!

正規店で選ぶ

百貨店で惹かれたブランドがあったら、実際に正規店に行ってみましょう。

自分の場合ですが、百貨店で2つほどピックアップしました。

「なぜ百貨店で買わないのか?」と、思われる方がいるかもしれません。もちろん、百貨店で購入するのもアリだと思います。

気に入ったデザインのリングとダイヤの準備もできるのであれば、百貨店でオーダしても良いと思います。

正規店にはブティック限定のリングがありますので、是非とも正規店に足を運んでみてください!

予算内に抑えて大きなダイヤを…

「予算を抑えて大きなダイヤを選びたい」という方は日本ダイヤモンド貿易がオススメです。

婚約指輪は大きなダイヤ。男性は見栄を張りたいものです。

ビックリするぐらい低価格なので、「婚約指輪だけど低価格でダイヤは大きいのが良い」「二人で相談した結果、婚約指輪は形だけで大丈夫」っていう人にはオススメ!

たくさん悩んで特別なリング選びを…

人によって色々な選び方があると思います。悔いの残らない選び方というのは、とても大切なことですよね。

「予算がちょっとな…」「本当にこのデザインで大丈夫かな…」と不安になる方もいると思います。

自分の足で色々なお店を探して選ぶ指輪っていうものは、きっと渡された女性も幸せな気持ちになるはず!

その指輪に自分の想いを込めることが一番大切ですから。

一生に一度の大きな買い物です。自分の想いも入っている婚約指輪。

是非とも、素敵なリングと出会えると良いですね。

  • この記事を書いた人

なるかみ ゆう

ライフスタイル・ウェディングなど様々なライフハックを発信中。生活をカラフルに彩るように悩みを解決できる情報マガジン「Lafee(ラフィー)」を運営中。

-ウェデイング

© 2020 Lafee