プロポーズリングならサイズや好みのデザインを知る必要なし!メリットとデメリットを紹介。

プロポーズといえば、婚約指輪を準備して素敵なメッセージを共に婚約指輪を渡すのが定番ですよね。

ですが、「婚約指輪のデザインが気に入らなかったらどうしよう」「サイズが合っていなかったら」「プロポーズをする日までに指輪が準備できない」という悩みを持つ人もいると思います。

そんな人には、プロポーズリングでプロポーズをしてみてはどうでしょうか。

この記事では、プロポーズリングのメリット・デメリットについて書いていきます。

目次

プロポーズリングとは

プロポーズで準備するリングといえば婚約指輪(エンゲージリング)ですよね。

婚約指輪を準備する場合、彼女の指のサイズやデザインの好みをできるだけ知っておきたいところです。

サイズや好みのデザインがわからなくても、プロポーズ後にデザインやサイズも変更できるプロポーズリングがあります。

リングを探しに行く時間がない人やできれば彼女の好みのリングをあげたい人にオススメのリングです。

プロポーズリングのメリット

プロポーズリングのメリットを書いていきます。

ココがおすすめ
  • サイズやデザインをあとで変更できる
  • 時間がない人でも納期が短い
  • 低価格で準備ができる

サイズや好みのデザインがわからなくても、プロポーズ成功後に2人で正式な婚約指輪を作れるのが大きなメリットです。

「絶対この日にプロポーズしたいけど、仕事が忙しくてなかなか指輪の準備ができない…」という人でも、納期が短く低価格で準備することができます。

プロポーズリングのデメリット

プロポーズリングのデメリットについて書いていきます。

ココがダメ
  • プロポーズリングを購入したブランドのものでないと変更できない
  • 本物のダイヤが使用されているリングが少ない
  • 特別感が薄れてしまう

プロポーズリングとはいえ、ダミーのリングになってしまうことが最大のデメリット。

本物のダイヤモンドを使用しているプロポーズリングもありますが、一生に一度の大きなイベントには特別感が少し薄れてしまいます。

あくまでプロポーズリングは、〝プロポーズまで時間がない人〟〝彼女の好みの婚約指輪をプレゼントしたい〟という人向けのリングです。

プロポーズリングを購入したブランドに縛られてしまうので、ブランドにもこだわりたい人には不向きなリング。

プロポーズリングは失敗したくない人向けのリング

婚約指輪をプレゼントするなら、できるだけ失敗したくないですよね。

後日、2人でサイズやデザインの変更ができるので、まさに2人だけのリングが完成します。

もちろん同じタイミングで結婚指輪も一緒に選ぶのもありですよね。

ただプロポーズという特別な日だけは、こだわりたい人にはプロポーズリングは向いていません。

プロポーズ準備で何をするべきかわからない人は…

プロポーズ準備についてこちらの記事で書いているので、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事いつから準備すれば良いの?プロポーズ準備にかかる期間や心得を紹介。

あわせて読みたい
いつから準備すれば良いの?プロポーズ準備にかかる期間や心得を紹介。
いつから準備すれば良いの?プロポーズ準備にかかる期間や心得を紹介。
プロポーズリングをオススメした人
  • プロポーズした日まで時間がない人
  • 彼女のサイズや好みのデザインがわからない人
  • 婚約指輪で失敗をしたくない人
  • 婚約指輪を二人で作りたい人

きっとどんなプロポーズでも、一生懸命に考えたプランであれば彼女も嬉しいに決まっています。

プロポーズするときに婚約指輪がないのが一番ガッカリなポイントですから、指輪だけはどんな形であれ準備しておきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる